業務内容— 成年後見業務 —

私たちは成年後見業務を通じて、すべての方が安心して暮らせるお手伝いをします。
ご本人様と長いお付き合いになる成年後見は、安定感のある当法人にぜひお任せください。

成年後見業務TOP

費用

ホーム > 業務内容 > 成年後見業務 > 任意後見について

業務内容

相続・遺言・相続放棄
相続登記
遺言・遺言書の作成
相続放棄
費用
企業法務
設立
運営
事業承継・組織再編
契約書作成・債権回収
顧問契約
費用
不動産登記
不動産売買
住所変更・氏名変更登記
担保設定(ローンのお借換、新規融資)
抵当権抹消登記(住宅ローンの完済等)
贈与
離婚による財産分与
不動産新築
費用
成年後見
法定後見について
任意後見について
費用
裁判・その他業務
訴訟手続の流れ・種類
未収売掛金の回収
滞納管理費の回収
賃貸借に関するトラブル
強制執行
契約書の作成・チェック
家事事件
帰化許可申請
費用
費用一覧
相続・遺言・相続放棄業務費用
企業法務費用
不動産登記費用
成年後見業務費用
裁判・その他業務費用

任意後見について

任意後見とは

ご本人さんがお元気なうちに、将来後見人になってもらいたい人と契約します。将来任せる仕事の範囲(代理権を与える範囲)も契約書で定めておきます。

契約の効力発効

判断能力が低下した時に契約の効力が発効し、実際に後見人の仕事がスタートします。
身体が不自由になった場合も、判断能力に問題がなければ発効しません。

契約発効後

任意後見契約が発効した後は、家庭裁判所が選任した任意後見監督人が後見人の仕事を監督します。

契約の種類

任意後見契約

判断能力が低下した時に備えて、将来後見人になってもらいたい人と代理権を与える範囲を定めておく契約

実際に判断能力が低下した時に契約が発効し、ご本人さんの死亡その他の原因によって契約は失効します。 契約は公正証書によって作ります。

☆ご本人さんの状況や目的によって、任意後見契約と同時に次の契約を結ぶこともできます。

見守り契約
任意後見契約を結んだ時から契約の効力が発効するまでの間、定期的にご本人さんと将来の後見人が連絡をとることによって、ご本人さんの心身の状況を見守るための契約
財産管理等委任契約
判断能力は低下していなくても、長期間の入院や体調の悪化に備えて、予め範囲を決めて後見人に代理権を与えておく契約
死後事務委任契約
ご本人さんがなくなった後の葬儀の執り行いや家財道具の処分などを頼んでおく契約

任意後見プラン例

プラン例【1】身体は元気!将来判断能力が低下してからの支援がほしいという方は見守り契約プラス任意後見契約(場合によってはプラス死後事務委任契約)

プラン例【2】すでに身体の自由がきかず困っている。判断能力が低下する前からの支援がほしいという方は財産管理契約プラス任意後見契約(場合によってはプラス死後事務委任契約)

費用

任意後見の費用についてはこちらをご参照下さい。

このページのトップへ

Copyright © KOBE司法書士法人 All Right Reserved.