業務内容— 不動産登記 —

不動産の登記手続きは日常的なことではありません。家を建てるのが大工さんの専門分野であるように
不動産登記手続は司法書士の専門分野です。各種手続きをスムーズに行います。

不動産登記TOP

費用

ホーム > 業務内容 > 不動産登記 > 住所変更・氏名変更登記

業務内容

相続・遺言・相続放棄
相続登記
遺言・遺言書の作成
相続放棄
費用
企業法務
設立
運営
事業承継・組織再編
契約書作成・債権回収
顧問契約
費用
不動産登記
不動産売買
住所変更・氏名変更登記
担保設定(ローンのお借換、新規融資)
抵当権抹消登記(住宅ローンの完済等)
贈与
離婚による財産分与
不動産新築
費用
成年後見
法定後見について
任意後見について
費用
裁判・その他業務
訴訟手続の流れ・種類
未収売掛金の回収
滞納管理費の回収
賃貸借に関するトラブル
強制執行
契約書の作成・チェック
家事事件
帰化許可申請
費用
費用一覧
相続・遺言・相続放棄業務費用
企業法務費用
不動産登記費用
成年後見業務費用
裁判・その他業務費用

住所変更・氏名変更登記

登記名義人の変更登記

登記簿上の住所を、現在の住所に変更

不動産を所有している方が、引っ越しをして住民票を移しても、不動産登記簿上の住所が自動的に変更されることはありません。
そこで、登記簿上の住所を、現在の住所に変更するために行うのが、登記名義人の変更登記です。

いつまでという期限はないが・・・

登記名義人の変更登記は、いつまでにしなければならないとの期限はありません。
しかし、売買や贈与による所有権移転、銀行からの借り入れに際し担保を提供するとき等の抵当権設定の登記をする場合、変更登記をする必要があります。

登記名義人の変更の登記は、住所移転や住居表示実施、町名地番変更などによる住所変更のほか、結婚などにより氏名が変わった場合、会社の商号が変わった場合などにも行う必要があります。

費用

住所変更・氏名変更登記の費用についてはこちらをご参照下さい。

このページのトップへ

Copyright © KOBE司法書士法人 All Right Reserved.