業務内容— 不動産登記 —

不動産の登記手続きは日常的なことではありません。家を建てるのが大工さんの専門分野であるように
不動産登記手続は司法書士の専門分野です。各種手続きをスムーズに行います。

不動産登記TOP

費用

ホーム > 業務内容 > 不動産登記 > 不動産新築

不動産新築

建物を新築した場合

建物を新築した場合は、土地家屋調査士が建物の所在、形状の登記手続をおこない、その後司法書士が、建物の所有者の権利を登記し更に、建築資金のお借入れがある際は、住所変更登記や銀行の担保設定登記の手続が必要になります。

  • 土地家屋調査士が建物の所在、形状の登記手続

  • 司法書士が、建物の所有者の権利を登記

  • 更に建築資金のお借入れがある際
    住所変更登記銀行の担保設定登記の手続

これらの登記手続きでは関係各所での連携が必要になります。

当法人がサポートいたします。

当法人では、提携土地家屋調査士のご紹介、建築業者、銀行との打合せまでを一括して承り、お客様のご負担を減らすお手伝いをさせていただけます。

費用

不動産新築の費用についてはこちらをご参照下さい。

このページのトップへ

Copyright © KOBE司法書士法人 All Right Reserved.