業務内容— 裁判・その他業務 —

日常生活を取り巻く様々なトラブルを迅速に解決し、そして新たなトラブルを未然に予防するため、私たちは「最善の答え」を
ご提案いたします。また、外国人の方の帰化申請手続きも司法書士がお手伝いできる仕事の1つです。

成年後見業務TOP

費用

ホーム > 業務内容 > 裁判・その他業務 > 滞納管理費の回収

業務内容

相続・遺言・相続放棄
相続登記
遺言・遺言書の作成
相続放棄
費用
企業法務
設立
運営
事業承継・組織再編
契約書作成・債権回収
顧問契約
費用
不動産登記
不動産売買
住所変更・氏名変更登記
担保設定(ローンのお借換、新規融資)
抵当権抹消登記(住宅ローンの完済等)
贈与
離婚による財産分与
不動産新築
費用
成年後見
法定後見について
任意後見について
費用
裁判・その他業務
訴訟手続の流れ・種類
未収売掛金の回収
滞納管理費の回収
賃貸借に関するトラブル
強制執行
契約書の作成・チェック
家事事件
帰化許可申請
費用
費用一覧
相続・遺言・相続放棄業務費用
企業法務費用
不動産登記費用
成年後見業務費用
裁判・その他業務費用

滞納管理費の回収

マンションの滞納管理費等の回収

管理費・修繕積立金はマンションの設備の保守・維持・管理に必要な費用ですが、その滞納については1回の額がそれほど高額でないことや、同じ区分所有者同士の問題であることからつい先送りにしがちな問題です。しかしこれを放置すると、他の区分所有者に不公平感を与え新たな問題を引き起こすおそれもあります。

時効判例も

また、管理費は5年で消滅時効にかかるとの判例が出ています。時効になればもはや回収することは難しく、マンションの適正な管理運営に重大な影響を及ぼしかねません。

まずは当法人にご相談下さい。

当法人が管理組合・管理会社に代わって滞納者に交渉・請求(訴訟も含む)をすることで早期に滞納管理費の回収を実現いたします。

費用

滞納管理費回収の費用についてはこちらをご参照下さい。

このページのトップへ

Copyright © KOBE司法書士法人 All Right Reserved.