業務内容— 裁判・その他業務 —

日常生活を取り巻く様々なトラブルを迅速に解決し、そして新たなトラブルを未然に予防するため、私たちは「最善の答え」を
ご提案いたします。また、外国人の方の帰化申請手続きも司法書士がお手伝いできる仕事の1つです。

成年後見業務TOP

費用

業務内容

相続・遺言・相続放棄
相続登記
遺言・遺言書の作成
相続放棄
費用
企業法務
設立
運営
事業承継・組織再編
契約書作成・債権回収
顧問契約
費用
不動産登記
不動産売買
住所変更・氏名変更登記
担保設定(ローンのお借換、新規融資)
抵当権抹消登記(住宅ローンの完済等)
贈与
離婚による財産分与
不動産新築
費用
成年後見
法定後見について
任意後見について
費用
裁判・その他業務
訴訟手続の流れ・種類
未収売掛金の回収
滞納管理費の回収
賃貸借に関するトラブル
強制執行
契約書の作成・チェック
家事事件
帰化許可申請
費用
費用一覧
相続・遺言・相続放棄業務費用
企業法務費用
不動産登記費用
成年後見業務費用
裁判・その他業務費用

強制執行

強制執行とは

裁判でお金の支払いや建物の明け渡しを命じる判決を勝ち取ったからといって、当然にお金が入ってきたり、建物を明け渡してもらえたりするわけではありません。あくまで被告が任意に履行しなければそのままです。そして被告が判決に従わない場合には、民事執行法に定められている強制執行の手続きによって実現していくことになります。

金銭の回収であれば被告の財産(不動産、動産、銀行預金、給与等)を差し押さえ、換価して弁済に充てることになり、明け渡しであれば執行官が鍵屋や運送業者を使って実際に明け渡しを実現します。

強制執行を申し立てるには

強制執行を申し立てるには確定判決などの「債務名義」と呼ばれる文書が必要です。
債務名義とは債権の存在および範囲を公的に証明した文書であり、確定判決の他には調停調書、和解調書、仮執行宣言付支払督促、公正証書(一定の制限あり)等があります。

債権回収で注意する点は「債務者に差押え可能な財産があるか」です。裁判で勝訴したとしても債務者が従わず、差押える財産もなく強制執行が不能であれば結局債権回収はできません。

まずは当法人にご相談下さい。

司法書士は強制執行手続きに関しては書類作成を通じてのサポートとなりますが、強制執行はほとんど書面の提出のみで手続きが進行しますので書類作成のみでも充分なサポートをすることが可能です。

費用

強制執行の費用についてはこちらをご参照下さい。

このページのトップへ

Copyright © KOBE司法書士法人 All Right Reserved.