業務内容— 裁判・その他業務 —

日常生活を取り巻く様々なトラブルを迅速に解決し、そして新たなトラブルを未然に予防するため、私たちは「最善の答え」を
ご提案いたします。また、外国人の方の帰化申請手続きも司法書士がお手伝いできる仕事の1つです。

成年後見業務TOP

費用

ホーム > 業務内容 > 裁判・その他業務

裁判・その他業務(簡裁訴訟代理・裁判所提出書類作

当法人でサポートさせていただく裁判業務について

訴訟手続や示談交渉

法務大臣の認定を受けた司法書士は、140万円を超えない簡易裁判所管轄の請求事件について、依頼者様に代わって訴訟を行ったり相手方と示談交渉を行うことができます。当法人の司法書士はこの簡裁訴訟代理等関係業務の認定を受けております。

裁判所へ提出する書類の作成も

また、司法書士は裁判所に提出する書類の作成を依頼者様に代わってすることもできます。この書類作成業務には140万円の制限はありませんので、例えば事案が複雑でなく証拠書類が整っている様なケースでは、依頼者様ご自身で法廷に立っていただき訴状等の書類作成を通じてサポートをする「本人訴訟支援」という形もとることができます。

また、家事調停・審判の申立書等の家庭裁判所へ提出する書類や強制執行の申立書類も同様に作成することができます。

このページのトップへ

Copyright © KOBE司法書士法人 All Right Reserved.